在宅医療について

在宅医療は外来での調剤とは異なり、さまざまな疾患を抱えた患者さんに対応します。
最近では医師の治療のパートナーとして、薬剤師の専門知識が不可欠になってきています。医師は診療、薬剤師は医師と治療方針を立てながら、患者さんに最適な薬剤を選定し、処方設計を行うことが重要になってきています。ゆえに薬剤師は薬の提案力が問われることになりますが、その分、自身の力が大いに発揮できます。また、海外では当たり前である癌化学療法も近いうちに日本でも実施されてきます。これに備え、安全キャビネットも導入しました。

訪問服薬とは

患者様ご自身やそのご家族または、ケアマネージャーから訪問診療の依頼を受けた医師が、訪問診療を行い、医師の依頼により患者様宅や施設へお薬をお届けします。
その際、服薬指導や副作用のチェック、患者様からの相談を受け、アドヒアランスの向上をはかります。そこで得た情報をもとに、患者様毎に合わせた管理方法などを構築していきます。
(加え他職種との連携をはかり、患者さま毎に適した医療の提供も行います。)

居宅介護支援事業所ってどんなことをしているの?

介護を取り巻くいろいろな悩みや相談をケアマネージャーが親身にお受けします。

主にこんなことをしています!

  • 介護サービスの内容・費用などについてアドバイスします。
  • ケアマネージャーが各サービス事業者と連絡・調整を行いケアプランを作成します。
  • 介護保険施設等への紹介をいたします。