教育・研修制度

 

ひとりひとりのスキルが、
これからの薬局を支える力になる!

みよの台薬局グループでは、新入社員はもちろん全社員のスキルアップを図るための教育研修制度を設けています。薬局業界の変化と患者さまのニーズに対応できる確かな知識と技術の習得を目指すとともに、認定薬剤師の資格も取得できる研修システムを構築しています。

  • 薬剤師
  • アシスタント

全薬剤師のための勉強会

薬剤師は、患者さまとの接点が多く、医師とともに薬や治療方針を決め、ケアマネージャーとともに在宅でのケアに携わる、やりがいと責任のある仕事です。常に最新の知識と技術を学べるさまざまな勉強会を通して、全薬剤師のスキルアップとキャリアアップを支えます。


アカデミックな勉強会「ラッキー会主催勉強会」

[月1〜3回]


医師に対し、薬や治療方針についてアドバイスする場面が増えているなかで、薬剤師は常に勉強し、最新の知識と技術を身につけておく必要があります。医師を招いてさまざまな症例や治療、薬の最新ガイドラインを講義していただくほか、習得が難しいがん性疼痛の治療やオピオイドローテーション、さらには注目を集めている漢方薬についてなど、今、求められている知識や最新の研究成果を各専門家から学ぶ勉強会です。

ラッキー会は認定薬剤師の研修機関として認められています!

現在、かかりつけ薬剤師になるためには、認定薬剤師の資格取得が必須となっています。ラッキー会は認定薬剤師の認定機関「日本薬剤師研修センター」から研修機関として認められており、「新入社員集合研修(2週間)」をはじめ、薬剤師向けのすべての勉強会で認定講習としての単位を取得できます。みよの台薬局グループでは、多くの薬剤師が2年目に認定薬剤師を取得し、キャリアアップを達成しています。

  • 医師を招いての症例検討
  • 最近話題の疾患やその治療法
  • 最新のガイドラインと薬物治療
  • 漢方薬工場見学
  • がん性疼痛治療の基礎〜応用
  • 疼痛緩和におけるオピオイド
  • オピオイドローテーション
  • がん患者のトータルケア


服薬指導・薬歴記入勉強会


[全薬剤師対象・年4回・不定期開催]

服薬指導と薬歴においてもっとも重要となるのが薬剤師の情報収集能力であり、質問力です。服薬指導は、患者さまの健康状態に関する重要な情報を把握することはもちろん、患者さまとの信頼関係を築くためにも欠かせません。また、薬歴記入では、患者さまの問題点と解決過程を他の薬剤師にも伝わる記録を残すことも求められます。

  1. 1回目 / 服薬指導・薬歴記入の基礎
  2. 2回目 / テクニックが求められるハイリスク薬の服薬指導と薬歴記入
  3. 3回目 / 乳幼児の患者の両親への服薬指導と薬歴記入
  4. 4回目 / ハイリスク薬2回目。各々が店舗で対象薬剤にて実践した内容を持ち寄り、グループディスカッションとロールプレイング。


無菌調剤、在宅訪問服薬指導フィジカルアセスメントの基礎


[年2回・1泊2日]

神奈川県秦野市にある研修施設「テルモ メディカルプラネックス」にて行う研修です。

無菌調剤の基本的な手技の習得

みよの台薬局グループでは、無菌調剤を2店舗で集中コントロールしていますが、年々件数が増加し、今後、ますます需要が見込まれます。実際の混注の難易度の理解と、手技を身につけることを目的としています。

フィジカルアセスメントの基礎

心音、肺の音、血圧、脈、腹音、呼吸音をとる練習を行います。今後、高齢化社会を迎え、医療が病院から在宅へとシフトしていくなかで薬剤師がフィジカルアセスメントを担う割合も増えてくることが予想されるため、いざという場面に備えた研修です。

在宅訪問時を想定したロールプレイング

医師とともに訪問する往診同行では、患者さまの状況に応じて医師からいろいろな提案を求められます。薬についてだけではなく、例えば一人暮らしのケアに関わることまで求められることも少なくありません。医師と看護師にも参加いただき、薬剤師役、患者役、ケアマネージャー役に分かれてロールプレイングを行い、在宅における薬剤師の役割を学びます。