みよの台の仲間たち

今日も仕事をして
良かったと思う瞬間は
会話で患者さんが笑顔に
なったとき。

浮邉 紫緒里[うきべ しおり]

アシスタント(医療事務)

2010年4月入社 / 東京医薬専門学校 薬業科 調剤事務コース
本木薬局花畑店勤務

入社を志望した理由は?

学校説明会に参加していた企業のなかで唯一の調剤薬局がみよの台薬局グループでした。調剤事務コースを選んだときから、調剤薬局で仕事をしようと決めていたので、ちょっと話を聞いてみようかなと思ったことがきっかけでした。そこで話をされていた方が優しそうな雰囲気で、「明るく、元気に、あたたかく」という言葉がとても印象的でした。ホームページの色合いもピンクで、柔らかい会社というイメージを持ったことが志望した理由です。

研修制度について

入社前に別の店舗でアルバイトとして研修を行いました。店舗での1日の流れから、患者さんへの対応、パソコンの操作や処方箋にも触れることができ、実際の現場で知識を学べたことは、入社後の自分の糧になりました。また、現在の店舗に配属されてからは、ブラザー制度で先輩が1対1で付いてくださり、私が入力で止まっていると「大丈夫?」と気に掛けてくれましたし、わからないこともすぐに聞ける環境だったので、安心して仕事を覚えることができたと思っています。

勤務している店舗での業務

外来の処方箋受付と、外来・在宅の入力を主に行っていて、OTCやお菓子の品出しや発注、月末月初には保険請求や在宅関連の請求を行っています。花畑店では仕事を分担していて、発注や請求など担当制にしていますが、入力・電話番はアシスタントで毎日午前と午後で当番を決めています。私は現在、施設2箇所と個人在宅の請求、社会保険の請求、商品課への発注、シフトの調整などの仕事を行っています。

仕事でのやりがい

保険や公費には複雑な仕組みがあり、請求に関する処理も覚えることがたくさんあります。無菌調剤にも対応している花畑店では他の店舗では扱ったことのないような処方も多く、処理や請求の仕方など日々勉強になりますし、そこに楽しみとやりがいを感じています。また、患者さんから「今日も遅くまでがんばってるねー」と声を掛けていただいたり、「あー話せて良かった、また来るね」と私とのたわいのない会話で笑顔になってくださったときは、今日も1日仕事をして良かったなって思う瞬間です。

日々の業務で苦労していること

毎年、後輩に教える立場としてブラザーをしていますが、業務のなかで電話が鳴ったり、外来が混んでしまうと教えてあげられなかったり、深くまで説明できないこともあり、そういう面では申し訳ないと思うことがあります。また、後輩からの問いかけに対し、私もそういえばきちんと知らないなということもあり、そんなときはまだまだだなと思いますし、しっかり勉強して知識を身につけている後輩を見ると感心すると同時に私も負けていられない、もう少しがんばろうという気持ちになります。

今後の抱負

総合クリニックと眼科の門前なので、両方の処方箋を受付け、両方を入力しますが、処方箋を受け付けた順番で入力しても、薬の種類が多かったり、一包化が必要だったり、どうしても順番が前後してしまいます。ミスなく薬をお渡しすることはもちろんですが、病院でも長く待たされて薬局にいらっしゃる患者さんに、いかにお待たせせずに薬をお渡しできるかということも考えていけたらいいのかなと思っています。「この薬局にまた来よう」と思っていただけるよう、患者さん・お客さま一人一人に合わせ、より良い対応を心掛けていきたいです。

学生のみなさんへのメッセージ

もちろん資格や知識があったほうが役に立つとは思いますが、1対1で指導してくれるブラザー制度があるので、興味さえあれば、医療事務について知らなくても安心して働ける場所だと思います。

ある1日の
タイムスケジュール

  • 10:00

    出勤

  • 10:00-13:00

    受付・入力・電話対応

  • 13:00-14:00

    休憩

  • 16:00-18:00

    受付・入力、OTC陳列
    POP作成、外来

  • 18:00-

    処方箋の枚数確認、
    経費・入金の確認

  • 19:30-

    片付け

  • 20:00

    外来終了

オフの過ごし方

オフの日は、基本的に家のことをしてのんびり過ごすことが多いです。テレビを見たり、料理をしたり、漫画やDVDをレンタルしたり。平日が基本休みになるのであまり時間が合うことはないのですが、時間が合えば地元の友達と会ったり、同僚と食事に行ったりします。