みよの台薬局グループの強み

在宅医療シェアトップクラス

介護保険施行以前よりいち早く在宅医療を開始し、トップクラスのシェアを獲得。ほぼ全店舗のすべての薬剤師が在宅医療に携わり、あらゆるケースに対応できる経験と実績により地域の患者さんや施設、医師からの確かな信頼を得ています。

誰もやらないのであれば、うちがやろう

現在の在宅医療と同様の対応を、
2000年4月の介護保険が施行される前から行っていた理由とは。

重い病気を抱え、家族もなく、病院にも行かれない方に対してクリニックが往診を始めたとき、薬局に来ることができない患者さんへの訪問服薬指導の必要性が出てきました。「誰もやらないのであれば、うちがやろう」と、他社に先駆けて始めたことがきっかけです。介護保険施行後は、個人在宅はもとより老人ホームやグループホームなどの施設への対応も行っています。

在宅医療に必要な
高いスキルを身につけた薬剤師が活躍

在宅に携わってきた薬局として他社との違いはどんなところにあるのか。
また、薬剤師の仕事においても重要になる在宅医療に必要なスキルとは。

経験と実績により他では扱っていない希な疾患や小児の在宅治療への対応、がん患者さんへの対応などあらゆるケースの受け入れをおこなっており、地域の患者さんや医師、有料老人ホームからの信頼を得ています。
無菌室やクリーンベンチ、安全キャビネットといった専用施設も備え、無菌操作に長けた知識豊富な薬剤師も多くいます。
在宅医療では、医師や看護師の医療職種、ケアマネージャーやヘルパーの介護職種といった多職種連携が必要となります。薬剤師は各職種から集めた患者さんのケアのアプローチに関する情報を、各職種に伝えるというハブ的な役割を担っているため、より高いスキルが求められます。
みよの台薬局グループでは、在宅においての経験と実績を積み重ねた薬剤師が数多く活躍するとともに、それらのスキルを新人薬剤師に受け継いでいます。

全薬剤師が在宅医療に取り組み、実績と体制を強化

薬局の業務において、今後必須といわれている在宅は、
現在どのくらいの店舗で行っているのか。

関東エリアのほとんどの店舗で在宅医療に対応しており、現在そのシェアはトップクラスです。通常在宅では在宅専任チームだけが担うことが多いのですが、弊社ではほぼ全店舗の全員の薬剤師が携わっています。在宅は仕事の割合として10〜20%なので、在宅、外来それぞれ専任の薬剤師に分けずにスタッフ全員が協力して業務に当たっています。
今後、在宅医療は、日本全国の薬局で対応を余儀なくされることが考えられ、患者さんの振り分けも大きな問題になると考えられます。
その点においてもすでに体制を整え、実績を重ねてきたことは、みよの台薬局グループの大きな強みです。